【ベトナム・ハロン湾】奇形の世界遺産で1日のんびりクルーズなのだ。ただそれだけで、良いのだ。

旅行記

2019春・東南アジア旅行記② しゅんめい

Hello!你好!こんにちは!
しゅんめいです!

ブログを始める前に、悲しいお知らせがあります。前々回のブログで告知していた模擬店ですが、台風の影響で学園祭の模擬店企画全てが中止となってしまいました。楽しみにしてくれていた皆さんには申し訳ないですし、我々としても色々と準備してきたので非常に残念です。しかし、これで終わりたくはないので、いつか振る舞える機会を設けたいですし、来年の工大祭でリベンジできたらと思います。

さて、気持ちを切り替えて、旅ブログ!この旅の最大の目的地ベトナム・ハノイに突入です!!2回に渡ってハノイ市内と世界遺産「ハロン湾」観光の様子をお伝えします!内容たっぷりです!

3月2日(土)

夕方、香港からハノイに到着。ちょうど私たちが訪れる数日前に、トランプ大統領と金正恩氏がハノイにて米朝首脳会談を行なっていたためか、空港で北朝鮮の政府専用機を発見!ちなみにハノイの街中では、首脳会談の記念グッズが多く見られました(笑)

空港から市内へは市営バスを利用しましたが、市営なのに交通ルール守っているのか怪しいくらいスピード出すし運転荒いし、いきなり東南アジアの洗礼を受けました!

旧市街のバックパッカーズホステルに荷物を置いて、ナイトマーケットへ出発!東南アジアのフレッシュジュースほど美味しい飲み物は、未だに出会ったことがありませんね〜

ハノイのナイトマーケットは物凄く活気があって、個人的にドンピシャの雰囲気で何回でも行きたい!写真は結局正体が分からなかった謎の食べ物ですが、どの料理にも付いてくる旨辛いソースが美味しいから何でも良しとしましょう(笑)

そしてなんとこの夜、以前の私のブログで紹介した去年の夏にシンガポールを訪れた際に宿で知り合ったハノイ住みのベトナム人に再会しました!今回ベトナムを目的地にした1つの理由が、この友人に会いに行くと夏に約束したからでもあり、それが半年で叶って本当に嬉しいです…!短い時間でしたが近況を報告して、いつかまた世界のどこかで再会することを約束してお別れしました。

3月3日(月)

この日は、どうしても訪れたかった世界遺産「ハロン湾」を目指します!

ハロン湾へはハノイからバスで片道4時間くらいかかり、さらに観光用の船に乗る必要があるため、私たちは予め日本でハノイ発のツアーを予約しておきました。日程に余裕がある人や、安く済ませたい人は、現地でツアーを取ることも可能です。

旧市街の宿の前から高速バスに乗って、途中休憩所を挟んで4時間。ハロン湾観光の拠点となる港からフェリーに乗船します⚓︎

ツアーに参加してたのは25人ほどで、そのうち半分以上が日本人でした(笑) 船の中では地元の郷土料理のランチが出て、ワクワクのハロン湾クルーズの始まりです!

ハロン湾特有の石灰岩でできた奇岩が見えてきました。これは北は中国の有名な桂林から続く石灰岩大地の一角で、ハロン湾の一帯は世界自然遺産に登録されてます!

とある島に上陸して、そこからはカヌーで湾内を探検します!大迫力の断崖絶壁を前に漕ぐカヌーはとても気持ちが良くて、最高な気分でした!

カヌーだけではなく、船主付きの大きなボートも選択可能なのですが、それに乗船してた中国人の団体がテンション上がりすぎて、大合唱しながら私たちのボートに近づいてきたときの恐怖と言ったら。。めちゃめちゃに楽しそうだったのでいいですけども(笑)

島では軽いトレッキングと鍾乳洞探検もして、まさにパンフレットで見るような景色やスケールの大きな美しい絶景に何度も息を飲みました。。

船のデッキにはベンチがあり、たなびくベトナム国旗の下でゆっくりくつろぐことができます。夕暮れどきは風が心地よく、果物の盛り合わせもいただけて、現実を忘れられるようなひとときでした。。

帰り際には同行してた高校生のグループと仲良くなったり、道中の休憩所でトロけるほど美味しいマンゴーを食べたりと、楽しくて優雅で最初から最後まで充実したツアーに参加して、ステキな1日を過ごせて大満足でした。

もちろん旧市街に帰ったらナイトマーケットへ直行です!!この食べ物、餅みたいなものの上に、白いタピオカみたいなものと、ココナッツみたいな繊維と、ナッツみたいなのが掛かってて、甘くてめっちゃ美味しかったです!!「みたいな」ばっかで正体わからなくてすいません(汗) 海外では何か分からないけど、とにかく美味しいってやつが多い!!

明日はハノイの市内の観光地を巡ります!次回もお楽しみに〜〜

しゅんめい

コメント

タイトルとURLをコピーしました