【マダガスカル】マジで!死ぬまでに行くべき!バオバブ並木と夕日が絶景ナンデス!!

旅行記

2019夏・アフリカの旅③ しゅんめい

Hello!你好!こんにちは~
しゅんめいです(^^)

今回は、このアフリカ旅の最大の目的地・バオバブ並木を訪れます!みなさんもTVなどで一度は目にしたことがあるであろう絶景、とくとご覧ください!

1. モロンダバに、着くんだわ。

バオバブ並木のある『モロンダバ』という村までは、マダガスカルの首都アンタナナリボから車で13時間、もしくは飛行機で1時間。

「満場一致で飛行機やんな~」

モロンダバまでのフライトはプロペラ双発機を利用。(写真では見にくいですが) カラフルなサルの塗装が施されています!

降下中、眼下には広大な土地にポツポツと立つ大木が…

「もしかしたら、あれはバオバブちゃうか?!」

そんな期待を膨らませつつ、モロンダバ空港に到着!サボテンが生えているちいさなちいさな空港です。

モロンダバはのどかな村で、人々の主な交通手段は牛車の模様🐄

今宵の宿は、『kimony resort』というお洒落なリゾートホテル。砂浜にある敷地に十数のコテージが立ち並びます!

2. 父親、子どもに囲まれる。

さて、いよいよお目当てのバオバブ並木へ!並木までは、村の中心部から車で1時間ほど。車を使っているのは観光客くらいで、現地の方は暑い中、牛車か自転車…

「あ!バオバブが見えて来た!」

バオバブの木はちらほらと点在しており、並木に近づくにつれてその数は増えていきます!

車を降りてバオバブの写真を撮っていると、地元の子ども達が集まって来ました!

父親はすっかり子ども達に囲まれて、大家族の旅行みたい(笑)

3.しゅんめい、バオバブに感極まる。

そして、遂に『バオバブ並木』に到着!!

「これがホンモノのバオバブの木や〜〜!!」

バオバブの木はサン=テグジュペリ作の小説『星の王子様』に出てくる木としても有名です。

バオバブの木を下から見上げると、枝が細かく分かれて、心臓に張り巡らされた脈のよう。

「それにしてもバオバブの木、デカいな!」

並木道の横に設置されている看板。日本語でも案内が書かれてますが、、

「"ブティック"の"ッ"の上の謎の横棒と言い、"さわやかなドリンク"という絶妙な和訳と言い、ツッコミどころ多いな!」

こちらは、木の幹が捻れて絡まりあった奇妙な形のバオバブの木。『恋人の木』と呼ばれているとか。

『恋人の木』の横で何やら大きな実が売られた屋台を発見!これ、『バオバブの実』だそう!あとで調べたところによると、現地では万能薬として使われているそうな。

訪れた9月は乾季で気温も高く、子ども達が小さな水溜まり (見た感じ泥水?) で、水遊びをしていました!案の定、観光客の僕たちを見つけると駆け寄って来てくれました(笑)

ひとり出遅れた小さな少年が…!!

「慌てなくても待ってるから大丈夫やで〜」

どうやらカメラやスマホが珍しいのか、みんな興味津々!スマホに映った自分に向かってニッコリ(^^)

バオバブ並木は何と言っても、夕暮れ時がベスト!圧巻の絶景に思わず息を飲みます。。

「ここまで来てよかった…」

「本当にこの景色を生で見られてよかった…」

心の底からそう思いながら、沈む夕日を眺めます。

帰り道、あまりに感動した父親が「バオバブの木を庭に植えたい。」と言い出し、ネットで調べてみると、、なんと観葉植物として売られていた!

「これなら買えるなあ。」

こう呟いた父親が結局買ったかどうかはさておき。そう思ってしまうくらい、実際に見たバオバブの木は神秘的で不思議な力を感じました。

『バオバブ並木』とそこから眺める夕日はいかがでしたか?写真では伝わりきらないほどの絶景、

人生で一度は訪れて欲しい!自分の目で見てほしい!

詳しい行き方を知りたい方は、Sky Scannerで"モロンダバ(MOQ)"までの飛行機を調べるか、もしくは直接TechPackersのSNS(下に記載) までお問い合わせください!

4. 次回予告。

次回は、アンタナナリボにある自然保護公園で"あの有名な映画"にも出てくるお猿さん達に逢います!アフリカ渡航記の最終章!お楽しみに〜

しゅんめい

しゅんめいオススメブログはこちら!

~オススメ度1位~

~オススメ度2位~

~オススメ度3位~

コメント

タイトルとURLをコピーしました