【マダガスカル】”踊るのスキスキ♪”で有名なサルは本当に踊るの?

旅行記

2019夏・アフリカの旅④ しゅんめい

Hello!你好!こんにちは~
しゅんめいです(^▽^)/

今回はアフリカの旅ブログ最終章!マダガスカルの砂浜で子供たちと遊んでみたり、あの有名なサルに出会ってみたり(※動画付き)と最後までマダガスカルを楽しみ尽くしますっ!!

1.父親、再び子どもに囲まれる。

朝起きてモロンダバで泊まっていたホテルの部屋の外に出ると、目の前にサル!!

部屋の手すりに登っているサルも!!

泊まっているホテルの敷地を出ると、乾いた土地が広がっていました。頭に載せて運ぶ現地の人の姿も。

しばらく歩くと、集落を発見!!

布に囲まれたスペース、恐らくお手洗いかな?

ここに住む人々はどんな生活を営んでいるのだろう…

砂浜に繋がる橋を渡っていると、地元の子供たちがいつもの如く集まってきました!

父親、また大家族になってる~(笑)

※前回の大家族は、こちら

2. 少年、ゴーグルを手に入れる。

ビーチに出ると、手作りの小屋で涼む人の姿。

海では漁をしている人がいました。自給自足の生活なのでしょうか…

とある少年が、僕が着けていた水中ゴーグルをもの欲しそうに見つめてきたので、あげちゃいました(笑)

YOU、似合ってるぜ

父親が持っていた双眼鏡にもみんな興味津々!!大したものを持っていなかったので、これもあげました(笑)

3.サル、オドル。

さて、所は変わり、マダガスカルの首都アンタナナリボに戻ってきました!最後は郊外にある『レミューズパーク』という場所へ向かいます!車に乗って横を見ると…

びっくりしたぁ~!
 めっちゃデカい牛やな

レミューズパークは自然に囲まれた保護地区のような場所で、マダガスカル固有の希少動物を間近で見ることができます!

早速、色白の親子連れのサルを発見!これは『ベローシファカ』という固有のサルで、二足歩行する噂の"踊るサル"ですが、この子は踊ってくれません…

この子もマダガスカルの固有種である『ワオキツネザル』で、縞々の尻尾が特徴的です!

君、ものすごく気怠そうな座り方するやん?

君はものすごく気持ち良さそうな顔で寝るやん?

そしてそして、遂に"踊るサル"を発見!!その瞬間を捉えた映像がこちら!

ピョンピョン跳ねた姿が踊っているように見えて可愛い

他にもカメレオンがいたり…

仲睦まじく毛繕いしているサルがいたりと、日本ではなかなか見られない希少動物にたくさん巡り会えるオススメSPOTです!!

まとめ。

以上で、アフリカの旅ブログは完結です!

みなさんのアフリカのイメージ通りでしたか?違ったでしょうか?これはまだアフリカのほんの一部だと思いますが、少しでも雰囲気が伝わっていれば幸いです!

次の私の執筆は中国渡航編をお届けする予定なので、乞うご期待♪

これまでのアフリカ旅のブログはこちら!

~エチオピア編~

マダガスカル・アンタナナリボ編~

~マダガスカル・バオバブ並木編~

次回からは、たかしのインド&パキスタン編!先週帰国したばかりの書きたてホヤホヤの旅ブログです!お楽しみに~~

しゅんめい

しゅんめいオススメブログはこちら!

~オススメ度1位~

~オススメ度2位~

~オススメ度3位~

コメント

タイトルとURLをコピーしました