【トルコ・イスタンブール】アジアとヨーロッパの融合!イスタンブールを満喫♪

旅行記

〜2019夏・コーカサス旅行①〜 しゅんめい

Hello!你好!こんにちは〜 しゅんめいです!

今回からは、去年の夏にトルコとコーカサスの国々を訪れた際の旅行記をお届けします!

「コーカサス地方ってなんだ?」「イメージがつかない」と思った方、このブログを読めばきっと新たな世界を知ることができるし、今年の夏に訪れたくなると思いますよ(o^^o)

コーカサス地方とは、アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニアの三国を主に指しており、この地方を今回の目的地としました。詳しくは次回以降にお伝えするとして、今回は経由地であるトルコ・イスタンブールを訪れた様子をお届けします!withしん

1. しゅんめい、トルコ初上陸。

 

出発は朝6時10分羽田発の便だったので、前日の終電で向かって、空港泊です…いきなりハード!

前日、ダンスサークルのイベントで疲れ果てて、そのまま向かって、この時ばかりはスケジュールの入れ方やばいと思いました。でもそれだけ早く海外行きたかったんです(笑)

まずは、アシアナ航空で仁川空港(ソウル)に向かいます!韓国の航空会社とだけあって、朝から激辛ソース付きの黒ごま豆腐…

調子乗ってソースをつけ過ぎて舌が燃えました!

仁川でトランジット後、約11時間のフライトでトルコ・イスタンブールに到着です!

眼下に見える空港は、最近まで使われていた旧空港で、イスタンブールには世界最大規模の新空港が誕生したばかり!

そんな初々しい新空港の様子がこちら…!!

広々としたターミナルにコントラストが見られる高い天井が印象的で、清潔感があります!

イスタンブール市内の公共交通システムは「Istanbul KART」と言うICカードで基本乗ることができます!日本のSuicaやICOCAと同様にチャージして使えるので、空港に着いて両替したら、まずこのカードを買うことをオススメします!

イスタンブール新空港から市内へは頻繁にシャトルバスが出ているため便利です!

市内は主に、旧市街・新市街・アジア側の3つに分かれており、私たちは歴史的建造物が多い旧市街に安宿を取りました。

バスを降りると、広く美しい公園と巨大なモスクのお出ましです!

この建物は『アヤソフィア』と呼ばれ、元はギリシア正教の大本山として建設され、後にイスラム寺院として、現在は博物館として利用されています。

2. しん、王様になる。

アヤソフィアがある旧市街には多くの観光スポットが密集しており、徒歩で簡単に巡ることができます!

写真の立派な門は『トプカプ宮殿』の入り口に位置する『皇帝の門』です。

このトプカプ宮殿は、かつて巨大な権力を持っていたオスマン朝の居城として建設され、宮殿内ではスルタン(王様)の財宝や荘厳で煌びやかな装飾の建築を目の当たりにし、コンスタンティノープル(現イスタンブール)が世界最大級の都市として繁栄していた証を確かめることができます。

宮殿内には広大な庭園があり、非常に美しくうっとりします。

まさにインスタ映えするような撮影スポットだらけで、これであなたも王様気分?

壁と向き合ってる王様…??

宮殿内のテラスから、ボスポラス海峡を眺めることができます!

イスタンブールは「ヨーロッパとアジアの架け橋」と呼ばれ、昔から交通の要衝として栄えてきました。宮殿があるこちら側はヨーロッパ側なので、対岸はアジア側です。

イスタンブール市内にはトラムとメトロ網が充実しており、特に坂と観光スポットの多い旧市街の移動はトラムがとても便利!

このトラムでも先ほど紹介した「Istanbul KART」が使えますよ~

トルコと言えば、トルコアイス!街中の至る所にアイス屋さんがあり、鐘を鳴らしながら例のパフォーマンスを披露してくれます!

新が買ったときは、携帯で誰かと話しながらパフォーマンスしてて、慣れているにしても、さすがに適当かよ!って思ってしまいました(笑)

そして、ご当地グルメとして人気があるのがサバサンド!庶民に愛されているこのグルメは、塩気の効いたサバとシャキシャキしたキャベツがとてもマッチして良き!

でも塩が濃すぎて食べた後、めちゃ喉渇く〜(笑)

3. しん、トウモロコシにハマる。

市内を歩いていると、焼きトウモロコシの屋台をしばしば見かけます!しかも結構みんな食べてるんです(笑)

しんが焼きトウモロコシを、僕は焼き栗をそれぞれ買ってみました。どちらもホクホクで素材の味が活かされており、イスタンブールの涼しい夜の海辺で頂くのにGoodでした

ここでトウモロコシに目覚めたしんが、今回の旅の各所でトウモロコシを買いまくってましたが、結局最初に食べたトウモロコシが1番美味しかったみたい(笑)

屋台によって味は様々だろうし、最初の経験が最も印象に残ってたりするでしょうから…

夜のイスタンブールはモスクが煌めいて、とても幻想的です。特に丘の上に聳(そび)え立つ『スレイマニエ・モスク』はその存在感たるや、感嘆の吐息が漏れます…

4. 次回予告。

次のブログは、イスタンブール後編と言うことで、丸一日かけて市内を散策した模様をお伝えします!

どこを切り取っても絵になるような世界遺産の街の風景をたっぷりお届けしたいと思います!

しゅんめい

オススメブログ

~オススメ度1位~

~オススメ度2位~

~オススメ度3位~

コメント

  1. […] ※前回の王様ごっこはこちら。 […]

タイトルとURLをコピーしました