東南アジア・南アジア一周 費用は?ルートは? 総集編

旅行記

最終回です。一昨日、最後のモルディブ編をあげました。

9カ国を一ヶ月半ほどかけて周りました。すべての国が新鮮で楽しかったことを今でも覚えています。

今このブログを書いている現在は、このブログの時点よりもいろんな国に行っていますが最初の長期の旅というのは楽しいもんだと今でも思います。

今後の人のためにも今回の旅をまとめておきますので、もし良ければ御覧ください。

以上、二ヶ月に及ぶブログでしたが、見ていただいた方、ありがとうございました!

マレーシア

クアラルンプール

クアラルンプールはすでに発展を遂げた都市という印象で、あまり東南アジア感を感じることができないかもしれません。

以下の記事が、僕の書いた記事です。どちらかというと、悲観的な?事しか書いてないです‥ 日本と大差ない所が、僕には合わなかったですね。

【マレーシア・クアラルンプール】つまらない都市・クアラルンプール
マレーシア・クアラルンプールはつまらないです。以上 ですが、つまらない理由とおすすめの東南アジアのスポットをご紹介します!!

こちらは、しゅんめいが書いた記事。しゅんめいは、クアラルンプールにどっぷり浸かったようです。どちらも見ると面白いと思います!!

【マレーシア・クアラルンプール】”そら、住みたくなるわ…” 移住先人気都市クアラルンプールを歩いてみた。
2018夏・東南アジア旅行記③ しゅんめいHello!你好!こんにちは~ 東工大2年の”しゅんめい”です(^^)/いよいよ、旅も後半戦!今回はマレーシアの首都・クアラルンプールでの観光の模様をお伝えしたいと思います!たった1日だけの滞在でし

コタキナバル

キナバル山

最強にお勧めしたい場所です!!

富士山の標高が3700m程ですが、キナバル山は4000m越え。4000mから見える景色は息を呑み、日の出はとても美しかったです。(高山病に注意‥)

【マレーシア・コタキナバル】東南アジア 最高峰 4095mのキナバル山 登頂!
マレーシアのコタキナバルのキナバル山について紹介しました。4000mを超える頂上からの景色は絶景でした。また、道中の植物も面白い植物などがとてもおもしろかったです!

以下は、コタキナバルの街観光のブログです。そして、ここから旅が始まった‥

キナバル山に登った後に、ブルネイに移動しました。初めての、フェリーで国境越え。日本ではなかなか経験できないこと。皆さんにもやって欲しいな。楽しかったなー!!

コタキナバルからブルネイ🇧🇳初めての海路国境!! 〜たかし 2019春の旅③〜
マレーシアからコタキナバルまでの海路国境の渡り方をご紹介します。コタキナバルからラブアン、ブルネイまで船を乗り継いで渡ります。

ペナン島

ペナン島

クアラルンプールとは違って、とても楽しかったペナン島。貿易港時代の西洋風の建築物や中国の商人のたてものが多く立ち並び洋中折衷?!

ブルネイ

ブルネイ

東南アジア最強の産油国 ブルネイです。日本んでは、あまり有名ではありませんが最近ではロイヤルブルネイ航空が東京から直行便を出したりなど日本からより近くなっています。

タイ

バンコク

バンコク

定番の観光地ではありますが、多くの歴史的建造物が多く、じっくりと見て回るといいと思います。

特に、マーケットにはなかなか日本では見られない服や装飾品などが安く売っていますので要チェックです!!

【タイ・バンコク】寺院めぐり&聖地カオサンロード
タイ・バンコクの観光のおすすめのスポットをご紹介します!

アユタヤ

アユタヤ

タイの古都 アユタヤです。多くの日本人がバンコクから日帰りで向かいます。それでも十分だと思いますが、アユタヤで一泊してゆっくり回るのもいいと思います。地球の歩き方にも載っていないような寺院やお店を自転車で巡ってみると意外な発見もあるかもしれません。

【タイ・アユタヤ】アユタヤ観光 穴場から有名おすすめスポット紹介  
タイ~ラオス編 2日目です、前回は主にバンコクからアユタヤまでの移動を主に書きました。今回はアユタヤについて書きます!アユタヤはバンコクからバスで1時間ほど行ったところにあります。行き方は人それぞれですが、基本的に電車で行くよりも...

ノーンカーイ(ラオス国境超え)

すでに、2回やっているので3回目はめんどくさいですが、この二回の寝台列車旅が僕の鉄道愛?寝台列車愛?に火をつけました笑 鉄道に揺られながら、タイの田舎の風景を眺めてみるのはいかがでしょうか?

【タイ】バンコクからノンカイまで寝台列車をアユタヤから途中乗車&ラオス入国
バンコクからノンカイまで寝台列車をアユタヤから途中乗車してラオスに向かいます。初の寝台列車でこの経験が僕の寝台列車好きへと導いていく経験となります! 寝台列車好きの人必見です!

ラオス

ビエンチャン

ビエンチャン

ラオスのビエンチャン。何もない首都と呼ばれますが、僕はそうは思いません。文化遺産から戦争の悲惨な歴史、巨大なマーケット、おいしい飯 最高な場所です。是非、 行ってみてください!全てある首都

バンビエン

バンビエン

バンビエンには雄大な自然が存在します。山登りや、ブルーラグーンという飛び込みできる池や、カヤック、ジップラインなど多種多様なアドベンチャーがあります。

ただし、一人で行くとつまらないと思うので友達などと一緒に行くことをお勧めします!!

【ラオス・バンビエン】自然の楽園 ラオス Vang Vieng(バンビエン)
みなさん行ってくださいバンビエン。未だ手つかずの自然と人のやさしさは世界随一です。ブルーラグーンに絶景を見下ろす山、景色が美しいホテル。これぞ東南アジアだーーーー!

ルアンババーン

ルアンババーン

ルアンババーンは街自体が世界遺産に登録されています。早朝には托鉢を見ることができ、昼はクアンシーの滝や寺院見学、像乗りの国家資格を目指してもいいかもしれません。

【ラオス・ルアンババーン】世界遺産の街ルアンババーン で象乗り国家資格取得!
世界遺産の街ルアンババーンについてご紹介します。寺院巡りはもちろん、像を乗りこなし像乗りの国家資格を取ってきました!!また、絶景のクアンシ―の滝にも行ってきたのでツアー情報など気になる方は是非要チェック!!

ベトナム

ハノイ

ハノイ

サパ

サパ

人里離れた田園風景が広がるサパ。小さな山々の斜面に模様を描くように棚田が広がっています。サパに住む方々の特長的な衣装が印象に残っています。サパを回るにはツアーに参加しなければならず、少々高額ですが、それでも行く価値のある場所。ガイドさんの英語は流暢で、少人数ツアーのため彼らの生活を詳しく知ることができます。

【ベトナム・ハロン湾】奇形の世界遺産で1日のんびりクルーズなのだ。ただそれだけで、良いのだ。
2019春・東南アジア旅行記② しゅんめいHello!你好!こんにちは! しゅんめいです!ブログを始める前に、悲しいお知らせがあります。前々回のブログで告知していた模擬店ですが、台風の影響で学園祭の模擬店企画全てが中止となってしまいました

ダナン

ダナン

ベトナム中部の新興都市でしょうか。郊外にある遊園地には、「GOD HAND」があります。

404 NOT FOUND | TechPackers
東工大生バックパッカーによる渡航ブログ

フエ

フエ

僕がベトナムで一番、気に入った場所です。主要の寺院以外にも多くの観光地があります。バイクの運転手を1日二千円ぐらいで雇って、好きなところに連れて行ってもらうのがいいかもしれません。

【ベトナム・フエ】ベトナムの京都? 穴場寺院スポット紹介しちゃいます!
ベトナムの中でも遺跡が集中する、サパについてご紹介します。サパの中でも有名な寺院だけではなく、現地の人も知らないような遺跡も多く点在します。そんな、サパの穴場スポットをご紹介します。!!

スリランカ

コロンボ

コロンボ

スリランカのコロンボは、なにも無いっちゃ、何もないですw 内陸部や、ゴールなどの南の沿岸部に集中しています。だけども、東アジア、東南アジア系の見たことある顔ではなく急に、彫りが深くて肌の色が全く違くて、食べ物が香辛料で辛くて、などなど環境が一変するので市内散策でもワクワクする街です。

404 NOT FOUND | TechPackers
東工大生バックパッカーによる渡航ブログ

ゴール

ゴール

ゴールはインド洋を望む海が絶景です。ブログでも紹介しているジャングルビーチは現地民が多く利用するビーチで、彼らと交流しながら海で遊んだり火が沈むのを見たりとても楽しめる場所だと思います。是非見てください!!

404 NOT FOUND | TechPackers
東工大生バックパッカーによる渡航ブログ

モルディブ

モルディブ

ハネムーンとして有名なモルディブですが、近年中国の一帯一路の要港として注目を集めています。また、観光の面で首都マレから見える海が綺麗でリラックスしにくるのであれば最高の場所だと思います。

費用

こんな回っていたら高くないの??

と思う人もいっらしゃるはず。

でも、そんな事はありません。

約一ヶ月半で

32万円でした。

  • 移動費 15万
  • 食費   5万
  • 宿泊費  5万
  • ツアー代 7万

です。コタキナバルのツアーなどでだいぶ使ってしまいました。ツアーも参加しなければもう少し安くできると思います。

移動費も、飛行機を多く使ったので(島に行くことが多かったので)、陸路移動にできる国を中心に回れば安く済ませられると思います。

まとめ

旅費はどの国に行って、どんなレベルのホテルに泊まるかによってだいぶ変わってきます。

ルートを決める際に僕のブログが少しでも役に立つとありがたいです。

タイトルとURLをコピーしました