【マレーシア・クアラルンプール】つまらない都市・クアラルンプール

クアラルンプール

正直に言います。

マレーシア クアラルンプール

つまらないです!!!

あ。タイトルが結論です。以下では、その理由について語っていきます!!

どこもかしこも見たことあるようなものばかりで、日本人も多いし日本語しか聞こえないし、つまらないです。(僕が偏屈なんでしょうねw)

友達にはよく言いますが、僕 日本人が多い観光地好きじゃないんですよ。だって、海外まで来てんのに周りが日本人だったらつまらなくないですか?

じゃあ、いくなよ!!って話ですけど、このクアラルンプール旅行で初めて日本人嫌いに気づきました。

それからの旅行は一部例外を除けば基本、日本人が少ない観光地を選んでます。

まあ、そんなことでつまらないクアラルンプールのお話は、しゅんめいの見てください。こちらをどうぞ。

 

 

 

 

いや、嘘です。頑張って書きます!

さあ、行ってみましょう!!

ヒンドゥー教の寺院 スリ・マハ・マリアマン寺院

マレーシアの多くの国民はイスラム教を信仰しています。しかし、クアラルンプールにはインドからの出稼ぎでやってきている人も多く、ヒンドゥー教を崇拝している人も多く存在します。

まずはじめに行ったのは、ヒンドゥー教の寺院 スリ・マハ・マリアマン寺院です!

寺内には、インドのスパイスのようなツンとした匂いがこもっていて、信者の方が多くここでお祈りを捧げていました。

匂いの原因はこれ!

カレーを配っていました。なんでも、信者の方は無料で食べられるとのこと。

なんか欲しかったけど、神を信じない僕にとっては、入りづらい……

今まで、ヒンドゥー教の寺院の中に入ったことがなかったので寺院の装飾をWikipedia の解説とともに眺めていました。

ところどころに牛の彫刻が他の神と同様に彫ってあります。

今まで、ヒンドゥー教が食べては行けないのは牛だっけか豚だっけか?

よく混乱していたのですが、これで

牛は神聖な生き物だから食べては行けないのはヒンドゥー教だ!

と なんとなくですが納得できましたw

イスラム教の洞窟 バトゥ洞窟

次に行ったのが、バトゥ洞窟です。こちらはイスラム教の洞窟です。

市内からバトゥ洞窟まで電車が出ていますので電車に乗って行きました。

バトゥ洞窟はヒンドゥー教の聖地とされています。

バトゥ洞窟がちょうど補修工事が終わったあとで塗りたてでしたのでとてもカラフルでした。

この補修工事を巡って寺院と政府が対立しているようですが

<寺院の改修失敗? 無許可で階段をカラフルに塗り替え マレーシア>

確かに。寺院にしてはカラフルすぎますね。歴史を感じにくい建物になってしまった気はします。政府が怒るのもわかります。

歴史があるものは静寂で神秘的な場所を維持しておいた方がいい気がします。

階段なんて凄いことになってますからね。

洞窟への入り口は階段を上ったところにあります。階段の周りには多くのが観光客の食べ物を狙っています。

こちらは、喧嘩している猿。

よく、その体勢で喧嘩するな🤛 動きが機敏です! このあと三匹目が乱入し、この戦いは混迷を極めます・・

階段を上がると洞窟が見えてきます。

洞窟というより谷でしょうか。小さい穴を想像していましたが、だいぶ大きい洞窟でした。

中はこんな感じ

街灯が設けられていて、中が回りやすくなっています。

しゅんめいは昔のブログで

像の横から続く272段の急な階段を登ると、大きな鍾乳洞の内部へ入ることができます。ちなみに、これらも含めて入場料のようなものは一切かかりません。鍾乳洞の中はひんやりと空気も澄んでいて、思わず天を仰いでリラックスしちゃいました(笑)

と言ってましたが、心がくすんでいる私は、

日本人多い⇨嫌い

鳩多い⇨嫌い

うるさい⇨嫌い

とすぐに帰りたくなってしまい

驚異の滞在時間10分というペースで駅に帰ってきてしまいました。

だから、あまり中は見ていませんのであんまり感想を言うことができません(ごめんなさい!!)

好きか嫌いは人それぞれということですね。

近代建築 ペトロナス・ツイン・タワー

そして、最後に行ったのが「ペトロナス・ツイン・タワー」です!高さ 452mで、昔僕が行ったドバイのブルジュ・ハリファができるまでは世界一高いタワーでした。

ちなみに右を日本が立てて左を韓国が建てたみたいです。

中はショッピングモールで美味しそうな店がたくさん並んでいましたが、あまりのお値段に何も買えませんでした‥

上に上がることもお金を払えばできるみたいです。

元々の計画では、あと2泊クアラルンプールで滞在する予定でしたが、この時点でクアラルンプールに対する興味が薄れてしまった僕はホテルをチェックアウトし次の都市ペナン島まで5時間かけて電車で移動します!ですから、少し早いですがここら辺でクアラルンプールの紹介を終わります!!

ラオスがおすすめ!!

 クアラルンプールを「つまらない!」と言ってきたので、東南アジアへの渡航を考えている方向けにお勧めの国を紹介します!

それは、ラオスです。

三つの理由が挙げられます!

1.思い描く東南アジアが見ることができる。

クアラルンプールはすでに途上国の部類に入らないのではないでしょうか?

シンガポールのような雰囲気で、東南アジアのカオスを感じることはできません。

2.未開発の自然

ラオスの首都から5時間ほどかけてVangViengという町に行くと、いままで感じたことのない自然が皆さんを出迎えます!

3.文化遺跡が多い

ラオスは仏教徒の国で、美しい寺院が多くあります。

各々の寺院で、特徴があり寺院巡りだけでもお腹いっぱいです。

クアラルンプールよりもラオスがおすすめです!!
僕たち、ラオスのいいところをまとめていますので見てください!!


 

クアラルンプール まとめ

クアラルンプールは 僕にとってはつまらないところでした

日本人観光客も多いところですので、異国気分はあまり味わえないと思います。

しかし海外初の方にはうってつけだと思います! ぼったくりをしてくる人も少ないですし東南アジアの中では裕福な国なのではないでしょうか。

次回は、クアラルンプールからペナン島まで移動し、ペナン島のご紹介をします!!

すごいインスタ映えするペナン島です!お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました