【パキスタン・フンザ】スリル満点15時間⁈カラコルムハイウェイ 〜かなWテクテク旅〜

フンザ

どうもです。皆さんこんにちは、世界の町をテックテック、techpackersのかなWです。

今回はパキスタンの北部、フンザの町の最終回です。

衝撃のハプニングにより、かなWとたかしが大変な目にっ⁉︎ ということで楽しんで見てみて下さい

1.事件勃発

さて、前回、前々回とフンザの街並み、自然、人々を紹介してきましたが、いよいよ旅も終盤になってきました。今回は空港のある町、ギルギット(Gilgit)に帰ってきてからのことです。

ここでは、旅の終盤の疲れを癒すため、セレーナホテル(Gilgit Serena Hotel)という少しいいホテルに泊まることにしました。

ホテルの外に見える景色はなかなかに最高でしたよ~。ご飯もビュッフェ形式で美味しかったですし(相変わらずメニューはカレーでしたがw)、ゆっくりと休むことができました。

  ←こんな感じ〜

 

そして翌朝、8時45分ギルギット発の便に乗るため空港に向かうと、事件は起きました。

なんと飛行機が欠航。

なんとか次の便に変更しようとしたところ、職員さん曰くその次の便も飛ぶことはないとのことでした。

えっなんでかって?原因は天候です

ここのフンザ地区に来るための飛行機は有視界飛行を行っているため、少しでも天候が曇るとすぐに欠航が決まります。(ちなみに、逆に言えば天気が良くなれば、飛ばないって言っていた飛行機が飛ぶこともあるため、もし同じ状況になった場合空港で粘るというのが絶対に吉です)   

仕方がなくその日はもう一泊セレーナホテルに宿泊し次の日のフライトを目指しました。

ですが、次の日も欠航。この日は雨予報であり、もともと期待してはいませんでしたが、やはり飛びませんでした。

こうなった場合は最終手段です。

"カラコルムハイウェイを通って、陸路で帰る"

イスラマバードまでは約600km。車で行くとなると15〜18時間はかかります。ですが仕方がないので、観光会社に車を手配してもらい、このルートを通ることを決意しました。

ちなみにバスも走っていますが、運転が荒く、滑落の危険もかなり高いのであまりお勧めできません。(脅かす訳ではありませんが、自分達が帰った次の日も滑落事故により、20人以上が亡くなったとか) ですので出来れば車をチャーターして行った方が良いかもしれませんね。

というわけで、今回はカラコルムハイウェイ15時間の旅です。車の景色も案外と移り変わっていくので案外と楽しめるとっ思います!

2.カラコルムハイウェイ 〜岩石砂漠〜

まずはスタートからしばらく(4時間くらい)はアッパーフンザの地域と変わらず標高の高い山々と岩石砂漠の道が続きます。ここら辺は道もそんなに悪くはなく走っていて割と快適です。

私自身はEd Sheeranの Castle on the hill  をリピートしながら、るんるんで進んで行きました。水とトイレはたまにある町で済ませることができますが、できれば多めに買って止まる回数を減らした方が良いと思います。

今回は、皆さんに臨場感を楽しんでもらうため、動画での紹介をしてみようと思います。

それぞれ20秒弱ですのでご覧ください!

フンザ6

 

POINT ここでワンポイントアドバイス!カラコルムハイウェイにはテロリストなどの防犯上の観点から警察の検問がいくつか設けられています。私たちが行った時も3.4回止まり、パスポートを見せろと言われました。基本的には運転手さんに直接交渉してもらいましたが、パスポートのコピーをいくつか持っているとその場で渡して、安心かもしれません。

3.カラコルムハイウェイ〜高山の雨道〜

さてさて、朝出発して午後もおやつの時間になった頃、少し景色が変わり始めます。

周りは植物も増えてきて、道もだいぶ悪いです。(こんな感じです↓)

フンザ5

あーなんか某番組企画の珍獣ハンターさんは毎回こんな道を走っているのだなとそういう気分に。

ちなみにこの状態で車酔いは避けては通れないので、酔い止めは必須です。

全工程の中で個人的には最悪のゾーンでしたね。いつ落ちるかわからない恐怖の崖と雨による地盤の悪さによる土砂崩れ。割とまじで怖かったす(笑) 

リアルなスリルを味わいたい方は行ってみてもいいかもしれませんね。あまりお勧めしませんが。

フンザ4

さて、ここで少し立ち寄った町の様子を見てみましょう。

町の形態は基本路村というのでしょうか。道に沿って、家家が立ち並びます。そのため少し渋滞がひどくなることもありますね。(わりかしすぐ抜けますが) 立ち寄って、水やポテチを買っておくと、退屈な車内を少しでもリラックスして過ごすことができるかもしれません

 

4.無事到着

さて、もうすぐ夕暮れ、6時前までやってきました。

フンザ2

道はだいぶ舗装され、スムーズに進めるようになりました。背の高い木も増えてきて、あたりは緑色に染まります。

ですが、まだまだ気も抜けません。この時間帯に雨が強まってきて、霧も深くなってきました。スリップして谷底に真っ逆さま〜なーんて危険性も。

今一度気を引き締めて、ゆっくり寝ることにしましたね(笑) 動画も次で最後です。頑張っていきましょう〜!

さてさて、これは夜の8時の動画です。

フンザ1

あたりは真っ暗。街灯なんてものはもちろんありません。ですが道は広くしっかりしたものになって、ある程度スピードも出せるようになりました。

ここまで来れば、たまに速度制限のための石が道路に並べて置いてあること以外はわりかし安心です。

私自身、この動画を撮った後が一番リラックスして寝てましたね(笑) 旅も終盤に差し掛かり、一緒に来ていたたかしもだいぶ疲れていた様子。

 

そして夜11時になり、ようやく目的地のイスラマバード市内に到着しました。

総時間15時間の長く危険な旅でしたが、終わってみれば景色の移り変わりも多く案外楽しかったですね。

スリル満点、ドキドキの600km。飛行機がまさかの欠航となり、不意な形にはなりましたがとても貴重な経験になったのではないかと思います。

もし挑戦される方がいらっしゃいましたら、是非安全には十分気をつけて楽しんで来てください〜!

今回は最後まで読んでいただきありがとうございました。もし、何か質問等ありましたらぜひぜひコメント欄まで。待ってます。

それではまた次お会いする時まで。

途中トランジットで立ち寄ったタイのパタヤのブログもあるのでぜひご覧ください。

【タイ・パタヤ】白人リゾート⁉︎ 〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はタイのパタヤという地域に行ってきました。まさに南国リゾートのこの場所にこの記事を読んだらきっと行きたくなりますよ〜
【タイ・パタヤ】ラン島!奇跡のビーチ〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はタイのパタヤという地域に行ってきました。青い空、白いビーチ様々なアクティビティーを楽しめるまさに夢のリゾートのお話となっています。

パキスタンのイスラマバード編もこちら〜!

南アジアのイスラム国家・パキスタンの旅〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はパキスタンの首都・イスラマバードに行ってきました。現地の人の暮らし、その地の風景、現地のご飯などその土地のありのままの情報をたくさん詰め込んでおきました。この記事を読んだらきっと行きたくなりますよ〜
パキスタンの塩の洞窟・ソルトレンジ(salt range)〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はパキスタンの観光名所・ソルトレンジに行ってきました。名産品であるピンクソルトと共に現地の人々の暮らしを紹介しています。ぜひぜひ読んでみてください。

パキスタンのフンザ地方のブログはこちら!

【パキスタン】ナウシカのモデル⁈フンザの街〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はパキスタンのフンザという地域に行ってきました。風の谷のナウシカの舞台となったこの場所のありのままの姿をぜひぜひご覧ください
【パキスタン・フンザ】秘境の山歩き・フンザ〜かなWテクテク旅〜
今回は秘境も秘境パキスタンのフンザという地域に行ってきました。ここはヒマラヤ山脈の険しい山肌が目前に見える自然の美しい地域です。トレッキングや氷河、湖など見どころ満載な地域ですのでぜひぜひご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました