【パキスタン・フンザ】秘境の山歩き・フンザ〜かなWテクテク旅〜

フンザ

どうもどうも、世界の町をテックテック、techpackersのかなWです。今回は前回に引き続きパキスタンはフンザについてお送りしていきたいとっ思います。
 

今回の旅はですね~、前回のカリマバート(Karimabad)からさらに車で3時間ほど、アッパーフンザという地域のお話です。そこには私たちの想像を絶する厳しい自然の生の姿が広がっていました。

是非今回も楽しんで読んで行ってください!それではっどうぞっ!

1.アッダバード湖

今回アッパーフンザの中で訪れた観光スポットは大別して3つです。

1つ目はアッダバード湖(Attabad lake)、2つ目はパスー氷河(Passu glacier)、3つ目はグルミット(gulmit)からのトレッキングです。それでは皆さん、お楽しみあれということでっ!

まずはアッダバード湖のお話から。アッダバード湖はカリマバートの町から車で1時間半ほど行ったところの大きな湖です。

場所はここら辺。

到着すると、実際とても大きい湖であることがわかります。

冬場は一面凍り付いておりなかなかの絶景です。水は綺麗な水色になっていますね。これは運転手さんの説明によれば、山のミネラル成分によるものだそうです。青い空の色がそのまま水に映ったかのような綺麗な湖でした。

この地域は冬になると気温が-20度にまで達し、多くの雪が降ります。

その雪解け水が春になると一斉に流れ出し、大きな川とこの湖を作り出します。今回はまだ凍っており、楽しめませんでしたが、夏に行くとボートで行き来することができるそう。

たかしがこっそり氷の上に乗って撮った写真がこちら。

この後水際で滑ってズボンが泥まみれになってしまったのは内緒のお話です(笑)

 さて、上の写真をよくよくみていただけるとわかるのですが、後ろに桟橋がありますね。

実際、この桟橋私たちのいたところから2mくらいの高さなんですが、何と夏場はここまで水が上がってくるそうです。雪解け水の多さ、自然のスケールの違いに思わず息をのみました。

2.パスー氷河

次は、パスー氷河のお話です。

パスー氷河は先ほどのアッダバード湖からさらに車で2時間ほど行ったところでしょうか。

ここら辺になると転々とある町のサイズもだいぶ小さくなってきて、険しい山が目立つようになります。

植物もあまり生えておらず、砂地と岩、そして雪が道路を取り囲んでいるような状態です。

道路を進んでいくとふと雪が多く残り、山の谷が白くなっている部分が見えます。

それがパスー氷河です。

山肌には文字も刻まれていました(笑) 今回の旅では時期の関係もあり、遠目に少し見る程度でしたが、夏の時期には近くまで2時間ほどかけて歩いていけるトレッキングコースもあるらしいので、皆さん是非訪れてみてください。

POINT ここでワンポイントアドバイス!ここら辺は観光スポットとして氷河が多いのですが、近くまで行ってみないと基本私のような素人には、あー雪山やなあとしか思われないので、ぜひ目の前まで行ってみることをお勧めしますね。

3.トレッキング

最後はトレッキングのお話。

トレッキングはグルミットという町からスタートし、パスー氷河の先を目指す片道コースと、途中で折り返す往復コースの二つがあります。

料金はガイドを含め1500rp(1000円ちょっと)でした。今回は片道コースを選択し、到着先に車で迎えにきてもらう形を取りました。それでは早速中身を見ていきましょう!

じゃん景色はこんな感じ。

私は動物が大好きだったので、ガイドさんにアイベックス(ヤギの仲間)を見にいきたいと伝えたところ、山肌の近くを回る大回りのコースにしてもらいました。

(それでも今回は見ることができませんでした(泣)が普段は普通に見られるらしいので、ぜひ)

  ←今回見られなかったアイベックスはこちら

全体で3時間半ほどの道のりです(短縮コースならば2時間)。

岩砂漠の中を歩いたり、トゲトゲの枯れ木の中を進んだりと道のりも割と変化もあって、本当に楽しかったです。

ここら辺は保護区になっており、ワシ、カササギらしき鳥、ヨーク、はたまたアリジゴクなどさまざまな生き物を見ることができましたね。

  

生き物好きの私としては、厳しい環境の土地に上手に適応する生き物というのは魅力に溢れており、大変満足でしたね。

運が良いと少し前に記事にしたユキヒョウが見れるかも、なーんてガイドさんもおっしゃっていましたので、ぜひぜひ訪れてみてください!

最後に、このトレッキングの目玉といえばこの危険な橋!((デデン))

  

実は普通、右側の橋を渡る人が多いのですが、今回は大回りのトレッキングコースであったため、左側のよりリスキーな橋も渡らせてもらえたんですね。

この橋は普段ここの近くの町に住んでいる人が使う用のものらしく、橋桁もしっかり固定されていなくかなりドキドキです(笑)

4.最後に

最後に、ここらへんの地域では多くの自然がありのままに残されている一方で、観光客のゴミ問題が絶えないそうです。

実際、このように岩場にゴミが放置され溜まっている様子もちらほら見られ、せっかくの綺麗な景色も少し残念でした。

是非皆さん、海外、特にこのような保護区では、どうか環境を守るため責任ある行動をよろしくお願いします。

自然好きな私の切な願いでございます。

せっかくならば綺麗な世界を、綺麗なままに楽しみたいですよね。

さて、皆さんいかがでしたでしょうか。

今回の旅も雄大な自然に触れ、その厳しさと偉大さを肌で感じることができました。

行くのは少し大変ですが、一生に一度は絶対行くことをお勧めしたい場所NO.1です!(何か困ったことが有ればコメント欄で!)

それでは、ここまで読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

次回はフンザの旅の最終回です。是非楽しんで行ってください(´∀`)

途中トランジットで立ち寄ったタイのパタヤのブログもあるのでぜひご覧ください。

【タイ・パタヤ】白人リゾート⁉︎ 〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はタイのパタヤという地域に行ってきました。まさに南国リゾートのこの場所にこの記事を読んだらきっと行きたくなりますよ〜
【タイ・パタヤ】ラン島!奇跡のビーチ〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はタイのパタヤという地域に行ってきました。青い空、白いビーチ様々なアクティビティーを楽しめるまさに夢のリゾートのお話となっています。

パキスタンのイスラマバード編もこちら〜!

南アジアのイスラム国家・パキスタンの旅〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はパキスタンの首都・イスラマバードに行ってきました。現地の人の暮らし、その地の風景、現地のご飯などその土地のありのままの情報をたくさん詰め込んでおきました。この記事を読んだらきっと行きたくなりますよ〜
パキスタンの塩の洞窟・ソルトレンジ(salt range)〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はパキスタンの観光名所・ソルトレンジに行ってきました。名産品であるピンクソルトと共に現地の人々の暮らしを紹介しています。ぜひぜひ読んでみてください。

パキスタンのフンザ地方のブログはこちら!

【パキスタン】ナウシカのモデル⁈フンザの街〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はパキスタンのフンザという地域に行ってきました。風の谷のナウシカの舞台となったこの場所のありのままの姿をぜひぜひご覧ください
【パキスタン・フンザ】スリル満点15時間⁈カラコルムハイウェイ 〜かなWテクテク旅〜
このブログは東工大発のバックパッカー集団Techpackersによる海外渡航ブログです。 今回はパキスタンの桃源郷と呼ばれるフンザからの帰り道の様子です。カラコルムハイウェイと呼ばれる600Kmの道のりを動画と共に臨場感を持ってお送りします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました