【コスタリカ 】中米の楽園 サンホセ&カルタゴ&イラス火山を紹介!

中米たかし

こんにちは! たかしです! しゅんめいの中国のブログが終わり僕の番がやってきました

今回は、中米!!


アメリカの真ん中のお話ではありませんよ!

中米

アメリカよりも下の国々です。正確に言うとメキシコは中米ではなく北米なのですが、ここではご容赦ください。

そして地図に赤く囲まれている国が今回訪れた国。

コスタリカパナマキューバメキシコです!!

それでは一番最初に訪れたコスタリカから紹介していきます。

1.コスタリカってどんな国?

コスタリカは中米の他の国と比較するととても治安が安定している国です。

中米の楽園 と言われています。

しかし、近年麻薬の密売などによって治安が悪くなっているという話も。

人口は415万人です。

おともとスペインの植民地だったこともあって公用語はスペイン語です。

植民地時代の政治の中心地はカルタゴでしたが、独立以後はサンホセが首都となっています。

今回は、旧首都カルタゴ そしてイラス火山を紹介していきます。

イラス火山への行き方

イラス火山へは、市内からバスが出ています!

バス停の場所はここ!! Maps.meで調べると「Bus to Volcan Irazu

と出てきます。

ここから毎日 朝8時にイラス火山までバスが出ています。

大体、2500コロン程度。

このバスを逃すと、もう次がないので寝坊厳禁です。

バス停に行くと、すでに人が並んでいます。

定刻通りにバスがついたことに驚きながら、料金を払って出発です。

出発して1時間ほど進むと、入山料を支払うゲートに到着します。

ここで、15ドルを支払います。

ここで、驚いたのが‥

 

え、JCB使えるの?

JCBがつかえる‥

え、海外でJCBって使えるの?????

タイとかハワイなら使えるけど、中米のコスタリカ で使えるとは思っていなかった‥

海外でJCBを使うことすらないだろうと思って、持ってこなかったことをなぜか後悔しました

コスタリカ でJCB使ってみたかった‥

VISAで支払いを済ませ、バスに戻り10分ほど登ると頂上に到着です。

ここから、5分ほど歩いて火山口とご対面です。

イラス火山 何も見えない‥

しかし、上から眺めると‥

何も見えません‥

天候不純すぎる

2020春渡航のワガ国境で出会ったコスタリカ 人曰く常に曇りだそうです。

曇りやすいという情報は前からあったのですが、自分の運を信じてここまで来ました。

神は微笑んでくれないようです。

 

そんなんで、火山周辺で嘆いている同志と写真をパチリ。

悲しみです。

 

山を下山 カルタゴへ

イラス火山発、サンホセ市内行きのが12時半に出発します。

それまでは、お土産屋さんで暖まっていました。

イラス火山

バスで1時間ほどで、途中のカルタゴの市内で停車します。

カルタゴはとてもきれいな街と聞いていたので、観光してみました。

その際に、山の上で仲良くなったメキシコ人の方達に誘われたので一緒に回ることにしました。

最初は、少し怖かったのですが最終的にはとても良い方でした。

 

芸術の街 カルタゴ??

カルタゴの中心街には綺麗な教会があります。

こんな感じ。

柱や床にはきれいな模様が施され、中では教徒がお祈りを捧げていました。

場所はこちら

カルタゴの台所

メキシコ人の方と動き始めたのですが、彼らの下調べ力情報収集能力が高すぎます。

コスタリカ とメキシコは同じスペイン語ということもあって、おいしい店を探して来たらしく、現地民におすすめの店に一緒に行きました。

下の地図にあるマーケットの中にあります。

ここのお店です。

食べたものがこちら。

僕は辛いものが嫌いだったので、辛くなければなんでもいいよ!!と伝え彼女らに任せたのでこんな感じのが来ました。(彼女らはプラスでスープも頼んでました)

じゃがいもや、にんじんにしっかりと味が染みていて美味しかったです!

スープはあったかくて、寒くて凍えていた体が温まってとても元気が出ました。

値段は400円ほどだったと思います(多分)

 

 

カルタゴからサンホセ市内までは、ボロボロ電車

カルタゴからサンホセまでは屋外を電車が走っています。

なぜ、「屋外」と付けたかというとメキシコでは屋外を電車or鉄道が通っているのは珍しいからだそう。

たしかに、メキシコシティ地下鉄しかない印象。

そんなわけで、彼女の希望もあって電車に乗ります。

駅のホームで待っていると、なんと100歳の女性が‥

スペイン語で話していて、内容はさっぱり理解できませんでしたが、写真を撮りました。

一緒に回っているメキシコの方が高齢の方を尊敬の念をもって接している姿を見て心がほっこりしました。

 

電車が来て、社内で1人約1ドル支払い電車は出発です。

カルタゴ

電車の揺れは激しく、何度も体が壁にぶつかります。

途中の駅で学生が大量に乗ってきて車内が混雑しますが、至って平和な車内でした。

サンホセ

 

停車して気づきましたが、電車の横幅がとても狭いですね。

45分ほどでサンホセ市内の駅に到着です

ホテルまとめ

Nutz Backpackers

Wi-Fi:基本的に使える
シャワー:お湯が出る
ロッカー:ベット下にあって使いやすい
タオル:あり
コンセント:ベットの近くにあるが、すこし距離があって不安定
朝食:なし
場所:市内からも近く、場所はいいが、電車駅からは遠い
日本人度:今年初と言っていた。多分いない
※シムカードはホテルの通りを挟んだお店で買うことができ、設定はホテルの方がやってくれます。ホテルの人は、とても優しくていい人でした。

サンホセのアニメオタク&日本ショップ

ホテルの近くに、日本が大好きでアニメのフィギュアがたくさん売っているお店がありました。

ワンピースやドラゴンボール、数多くの人気作品のフィギャアが販売されています。

店長さん、年に2回 日本を訪れ仕入れをしているそう。好きな曲は、

残酷な天使のテーゼ

だそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました