アムリトサル〜(ワガ国境)〜ラホール〜イスラマバード の行き方!

ワガ国境旅行記

前回のブログでアムリトサルについて紹介しましたが、今回はアムリトサルからパキスタンの国境を渡ってラホール・イスラマバードまで移動しました。

陸路の入国審査は厳しいのが普通ですが、今回は今までで一番厳しかった‥

それでは、行ってみましょ!

アムリトサルから国境まで

アムリトサルから国境までは、アムリトサル市内の

 

のバス停から出ているバスに乗るといいです。

バスの運賃は35ルピーです。何時に出ているかは分かりませんでしたがある程度人が集まったら出発です。アムリトサル 市内

バス停はこんな感じ。

1時間ほどで到着です。

到着した場所はMaps.meでこの場所。Attariという街のバス停。名前がバス停などで拡大とかして確認してみてください。多分ですが、バスは折り返して元来た道を進んでいたので多分、Amritsarに戻るのでは。

バス停から、国境までは3キロほどかかります。荷物も重かったので、バスを降りたところで待っていたリキシャの方を捕まえて出発です。

はじめは100ルピーを請求されましたが、過去の先人たちのブログから相場は30ルピー程度だったので、30ルピーで妥結。

ワガ国境

しかし、到着すると100ルピーとか言い始めるこの兄ちゃん。

は? 30って言ったじゃねーかと こっちも

ブチギレし30ルピーを鞄の小額小銭入れを見ると

50 ルピー札しかない‥

前日、パキスタン行くからなるべく細かいお金は使ってしまおうと思っていたのが裏目に‥

しかたなく、50 ルピーだけわたし、100ルピーと言い続ける奴を片目に国境ゲートに向かいます。

完全敗北です。(個人的には)

かならず、10ルピー札は崩しておくことをお勧めします。

ここからは写真撮影禁止ですので、ほとんど写真がありません。

 

出国審査はとっても厳しかったです。

何度もパスポートを確認されましたし、荷物を全部だすよういわれ全部出して、しまって、そしてまた出して確認されてしまって、またま全部出して確認すると思いきやしないんかい! そしてしまっての繰り返しでした。

自分でも、一連の流れを何回やってかよく覚えていません‥

そんなんで、頑張って出国スタンプをゲットすると最後に、

「ポリオの注射打ったか??」

と聞かれます。絶対に打っていないという確信があったので、嘘つくのもあれなんで「No」というと、クラーボックスを開けて注射を出してきます。

注射

いや、インドの注射 絶対危ないっしょ」と思い(日本語で言ってしまってはいたが)

「打たなくて大丈夫!必要ない」と伝えると、職員みんなではなし始めて、

ゲームだとNow Loadingが流れそうな時間(1分くらい?)がたって、

「二週間以内にインドに戻ってくるか?」

と聞かれて、これは「No」と答えると、また、

が続き、「じゃあOK」ってなりました。よかったーーーー

次、聞かれた人は二週間以内にインドに戻らないよーと伝えることをお勧めします

ポリオとパキスタンちなみに、ポリオは人間の糞を介して人に伝染します。世界のほとんどの国では根絶しましたが、未だ根絶できていないのはパキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアの3カ国です。

パキスタン はいまで上下水道が敷設されておらず、地下から水を汲んでいます。しかし、糞尿なども地下に流すため蛇口から出る水は茶色く濁っています。そんなわけで、ポリオを根絶できていないんです。

全ての審査が終わるとバスが待っています。これに乗って、ワガ国境まで行きます。(5分くらい そのうち2分は運転手の駐車が下手なせい笑)

バスが止まった場所から、少し歩くと昨日の衛兵交替式の場所が見えてきます。

ワガ国境

ワガ国境

昨日の衛兵さんはここを通っていたのかと思うと、興奮してきて股を大きく開けたくなりますが、関節が硬い僕は90度でも怪しいところです。

 

 

 

 

 

パキスタン入国 入国審査で立ちはだかるコロナとゲイ??

パキスタンに入国すると、

ワガ国境

ワガ国境

奥の方に肖像画が見えませんか?

このかた、

ムハンマド・アリー・ジンナー

というかた

パキスタンを建国した人で全てのお札にこの方が印刷されています。

入国の前に、検疫をする場所がありおでこの体温?を測られ体調について幾つか質問を答えなければなりません。

二週間以内に中国に入国したかなど聞かれましたが、皆さんいい人でパスポートのいろんなページ見て、キューバってどこあるん?とか聞かれました。

なんだかんだ、楽しかったです

検疫を超えて、入国審査の建物に移ると

入国審査官がこっちを見てきます。

そして、開口いきなり、We chat持ってる?

ん? ん? ん?

そして、交換しようぜといわれ、あまり使っていなかったのもあって交換してしまいました。

そのあとは、Am I beautiful?ばかり聞いてくるので

作り笑顔でYes Yesだけ言っといたら、素直に通してくれましたが、しつこく色々アドバイスしてくれました。

そして、彼から来たメールがこちら

怖い怖い‥

そういう人なんだな‥(確信)

 

ということで、みなさん気をつけてください

 

 

 

 

 

ワガ国境からラホールまで

出国審査を終えると、両替商がいます。このときの、市場レートが

1インドルピー=21パキスタンルピーでしたが、提示されたのは19ルピー

意外に良い

少し粘って、19.5まで引き上げてもらい3000円分だけ両替しました。

そのまま、待つと機関車のような車が国境から少し離れたタクシー乗り場に連れて行ってくれます。

途中であった、おばさんと一緒に交渉して1人700ルピー(500円位)でラホールの市内まで連れて行ってくれることになりました。(結構大きな車しかなかったので高くつきました)

1時間半かけて、イスラマバードまでのバス停に到着します。

ラホール

市内を馬が闊歩します。いや、ここ高速やけどな笑

ラホール

何度も抜いて抜き返されるを繰り返した兄ちゃん 写真を撮ってあげました。

 

他の方のブログをみると、Daewooで行こうとする方が多いですが、今回はパキスタン人のおばさんの紹介でFaisal Moversを使いました。

バス停は、Maps.meでここです。Faisal Moversと検索すると出てくると思います。

Faisal Movers

Faisal Moversにつくと、チケットオフィスは全てパキスタンの言語で英語がありません。周りの方に色々と教えてもらいながら、イスラマバードまでのバスチケットを購入できました。金額は1300ルピー(1000円くらい)

ちょっと高いですが、車内では

Faisal Movers

パンとスナックとジュースがもらえました。朝からご飯食べておらず、気づいたら昼?の3時

ムシャムシャ食べていたら、隣の方が自分の分をくれました‥

優しすぎかよ

Faisal Movers

こちら、バスの外観(休憩場所で撮りました)

5時間ほどかかって、イスラマバードのバス停に到着です。

 

ここに到着します。Maps.meだとSania Expressじゃ検索に出てこないので、近くのFaisal Moversのバス停で保存しておくといいと思います

ホテルまとめ

Nutz Backpackers

前回も書きましたが、載せておきます。)

Wi-Fi:基本的に使える
シャワー:お湯が出ない。冷水
ロッカー:あり 結構デカくて使いやすい!!鍵は自前
タオル:なし
コンセント:ベットの近くにあるので使うといいかと
朝食:なし
場所:市内からも近く、Golden Templeにとても近い
日本人度:三ヶ月に一組とからしい
※ ワガ国境に行く方法でバスはない!!とか嘘つかれる。そしてタクシーをめっちゃ勧められる。あれは嘘ついている顔だったw ホテルのツアーも絶対高い

まとめ

インド、アムリトサルからパキスタン、イスラマバードまで移動しました。

時間:8時間

費用:85インドルピー+2000パキスタンルピー

計1500円ほど

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました